コレステロールを下げるためのサプリメント

コレステロールを下げる!と謳うサプリメントは とても多くて どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。
このページでは、

 

  • コレステロールを下げたいと悩んだ方が「選んで良かった!」と評判だったサプリ
  • 効果に満足して継続して続けている、リピート率が高いサプリメント

調査して人気順にランキングしています。

 


 

コレステロールを下げるためにサプリを探している方に とても参考になると思います。

 

コレステロール下げるサプリランキングをすぐ見るはこちら

コレステロールを下げるためにサプリメントが有効なのはなぜ?

コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるDHA・EPAは不飽和脂肪酸のひとつです。
不飽和脂肪酸は大きく分けてふたつの種類があります。

 

  • 一価脂肪酸
  • 多価脂肪酸

 

一価脂肪酸

オメガ9というオレイン酸(オリーブ油・米油・キャノーラ油など)で、悪玉コレステロールの酸化を防いだり善玉コレステロールを増やしてくれるとして注目されていますが、オレイン酸は体内でも作り出すことが出来るので、過剰摂取は禁物です。

 

多価脂肪酸

多価脂肪酸は、さらにふたつに分類され、オメガ6というリノール酸(コーン油・ひまわり油・大豆油・ごま油など)は悪玉コレステロールも下げますが善玉コレステロールも下げてしまうので、こちらも過剰摂取に注意が必要です。

 

そしてもうひとつの多価脂肪酸であるオメガ3脂肪酸はαリノレン酸(アマニ油・エゴマ油など)で、DHA・EPAはこのオメガ3脂肪酸です。

 

 

DHA・EPAは血中のコレステロールを下げ中性脂肪を減らす働きのほかに脳や網膜などの神経系に多く含まれており、脳細胞や神経細胞を修復して記憶力をアップしたり、他の細胞をサポートするなど体内で広く活躍する重要な成分です。

 


 

ですが体内で生成することが出来ず食事などで摂取しなければなりません。

 

そして食事から摂取しただけでは足りないので、サプリメントで効率良く手軽に充分な量を補ってあげると良いのです。

コレステロールを下げるサプリランキング

※間違いなし!人気のコレステロール下げるサプリ

 

コレステロールを下げるサプリ1位【きなり】の特徴

原料の魚臭さを特殊な製法で排除しているので、魚が苦手か方にも安心して飲むことができます。

他の魚のDHA・EPAに比べて吸収率も高く抗酸化作用のあるアスタキサンチンを含むクリルオイルも配合されており、また血栓を溶かす働きが期待出来るナットウキナーゼも配合。

比較的早く効果を実感出来る作りになっています。

価格 評価 備考
定期初回 1980円 評価5 2回目以降 3790円
コレステロールを下げるサプリ1位【きなり】の総評

  • DHA・EPA・DPAオメガ3プラス配合
  • 血栓を溶かす期待のナットウキナーゼ配合
  • 抗酸化作用のあるアスタキサンチン
  • 魚臭さゼロで飲みやすい
  • 15日間の返金保障

コレステロールを下げるサプリ2位【三黒の美酢】の特徴

黒酢もろみ・完熟黒にんにく・優精黒卵黄油と3つの黒には抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。

悪玉コレステロールを分解するレシチンの効果や数値を下げる効果のあるDHA・EPAまでこれひとつで摂取出来るので、色々なサプリメントを複数組み合わせて飲むのが面倒という方にはぴったりの成分配合になっています。

脂肪燃焼効果もあるので、ダイエットにも良いでしょう。

価格 評価 備考
定期初回 980円 評価4.5 2回目以降 2660円
コレステロールを下げるサプリ2位【三黒の美酢】の総評

  • 3つの黒(黒酢もろみ・黒にんにく・黒卵黄油)
  • 黒成分とDHA・EPAが一緒に摂れる
  • 続けやすい価格でこだわりの品質
  • 15日間の返金保障つき

コレステロールを下げるサプリ3位【大正DHA・EPA】の特徴

酸化しやすいDHA・EPAを一日分ごとに個別包装にすることで品質をキープしているだけでなく、旅行や出張の際にも持ち運びに便利で飲み忘れを防いでくれます。

また、飲んでから約3分で崩壊するソフトカプセルを使用しており、素早く体内に成分が行き渡るよう工夫されており、大手製薬会社のこだわりが詰まったサプリメントです。

価格 評価 備考
3600円 評価4 定期初回1000円
コレステロールを下げるサプリ3位【大正DHA・EPA】の総評

  • DHA400r EPA200r 計600r摂れる
  • 酸化しやすいDHAを守るアルミ個別包装
  • 独自製法で溶けやすいカプセルを実現
  • 魚臭さゼロ

コレステロールは悪者ではない!なくてはならないもの

コレステロールと聞くとなんだか悪者のように思われがちですが、決して悪者でも不要なものでもありません。

 

コレステロールは、本来体の細胞膜やホルモンを作るのに使われ、栄養分や脂肪を消化吸収する働きをする胆汁酸の原材料にもなり、人体にはなくてはならないものです。

 

そしてコレステロールは肝臓で作られ、たんぱく質と結びついてリポたんぱくと呼ばれる粒子を作り、血液に乗って全身へ運ばれ細胞膜になったりホルモンになったり胆汁酸になったりします。

 

この粒子には

  • 悪玉コレステロールとも呼ばれるLDL(低比重リポたんぱく質)
  • 善玉コレステロールとも呼ばれるHDL(高比重リポたんぱく質)

のふたつの種類があり、それぞれに役割があります。

 

LDLが血管内に油分を運び入れる働きをし、HDLは血管内の油分を運び出す働きをします。

 

LDLが悪玉コレステロールと呼ばれるのは、この数値が基準値を上回るほど多くのコレステロールや中性脂肪を血管内に運び入れてしまうことによって、動脈の壁や臓器の内側に余剰分が沈着・蓄積されていってしまい、潰瘍や出血・血栓になりやすく動脈硬化へと繋がってしまうからです。

 

そして動脈硬化は大動脈や心臓を取り巻く冠状動脈で起こりやすく、脳動脈硬化による脳梗塞や冠動脈硬化による狭心症・心筋梗塞などの重大な疾患を招いてしまう恐れがあります。

 

元々LDLやHDLは肝臓が健康な状態にあれば生命維持に必要な分量に応じて生産量を調整してくれるのですが、

  • 糖質や脂質の多い食事を取る
  • 運動不足でカロリーが消費されず余ってしまう
  • 過度の飲酒などで肝臓に負担をかける

上記の行動で肝機能が低下すると中性脂肪が増えてしまいます。

 

体内で中性脂肪を作り出すときに善玉コレステロールを作る原料が使われます。

 

そのため、

善玉コレステロールが減少

悪玉コレステロールが増る

LDLとHDLのバランスが崩れる

体内に余分なコレステロールが運び出され続ける

余ったコレステロールが回収されずに肥満体や動脈硬化の原因を作ってしまう

 

ですから、中性脂肪を減らすと悪玉コレステロールも減り、LDLとHDLのバランスが整い病気のリスクも減少するというわけです。

 

適度な運動をすることで脂肪を燃焼させ中性脂肪を増やさないことも必要ですし、高脂質の偏った食事に気を付けることも必要です。

 

中性脂肪やコレステロールを下げる働きのある成分を多く含んだ食材を用いてバランス良く食べることが大切ですが、毎日そうした食材を食べ続けることが大変だったり、また充分でなかったりすることがあります。

 

コレステロール値を下げる働きのある成分として必ず抑えておきたいのが青魚に多く含まれるDHAとEPAです。

 


 

この2つは体内で作り出すことの出来ない必須脂肪酸のひとつで、イワシやサバ、アジなどを食べることで摂取出来ます。

 

外から摂取してあげる必要があるのですが、例えばこうした魚から摂取してもその量は充分とは言えません。

 

そこで不足分を補ってあげるためにサプリメントを活用して適量を補ってあげることはとても大切です。

コレステロールを下げるサプリ どれを選んだらいいのか迷ったらコレ!

おすすめはやはり1位のきなりです。

 

 

DHA・EPAを含んだサプリメントは数多く販売されていますが、どれでもいいというわけではありません。

 

コレステロールを下げる効果を期待するならばDHA・EPAの配合量だけでなく酸化防止の効果やプラスαの成分にも注目し、品質や安全管理が徹底されているものを選ぶことが重要です。

 

きなりは、

  • 厚生労働省が推奨するDHA・EPAの一日の摂取量1000mgの半分500mgが配合。
  • DHA・EPAの鮮度にもこだわりフレッシュで酸化もしにくく水にも溶けやすい特徴のある独自のクリルオイルを使用。
  • 血栓を溶かし予防効果もあるナットウキナーゼとの相乗作用もある。
  • 国内で品質や安全が認められているGMP工場で生産

いくつもの注目すべきポイントをすべて網羅しているので、一番おすすめ出来るサプリメントと言えます。

 

コレステロールは基準値の範囲内であり、LDLとHDLの差が開きすぎていなければ過剰に心配する必要はありませんが、バランスを整え健康を維持するためにもこうしたサプリメントを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。